デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージ(Digital Signage)とは別名電子看板とも呼ばれる新時代の広告表示システムです。
デジタル技術を利用して平面ディスプレイに映像や文字を表示でき、一度設置すればノーマルな看板のように入れ替えが必要ないため近年急速に大型広告媒体として普及が進んでいます。

繁華街なら必ず見かけるほど今では一般的な広告媒体として街にも溶け込んでいます。

デジタルサイネージの主な活用方法としては、駅前商業ビルのセール案内や、スポーツ施設のある街なら開始時間の案内や試合の途中経過など多彩な方法が考えられます。



全国的に広告を展開するにはテレビや新聞が適していますが、地域限定の情報を発信するならデジタルサイネージの方が安価で有効といえます。

デジタルサイネージ情報が手に入ります。

ネットワーク対応機であれば、リアルタイムで表示を切り替えることができるため、機動的な広告表現が可能になります。

さらに身近になったgoo ニュースについて親身になってアドバイスいたします。

映像表示装置もプラズマディスプレイやLCD、LEDなど数種類に対応でき、便利です。

普及当初は駅前の好立地な商業施設の大型看板が主流でしたが、最近では小型化されて普通のショップの店頭ディスプレイにも使用されるようになりました。


さらに技術が進み、飲料の自動販売機にこの技術が応用され、購入者の年齢層や性別を認識して情報化できることがニュースで話題になりました。


米国ではすでに3D表示のデジタルサイネージも販売されており、日本でもさらなる技術の進歩が期待されています。